【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第1問

問題

Cloud Kicks社にはプロダクトオーナーのチームがあり、プロダクトチームだけでフィードバックやアイデアを共有するスペースが必要です。チームのコラボレーションを支援するために、管理者はSalesforceをどのように活用すべきでしょうか。

  • クイックアクションを使用してコミュニケーションを記録する。
  • Chatter公開グループを設定する。
  • Chatter非公開グループを作成する。
  • 活動履歴を追加して、Todoを文書化する。

正解

  • クイックアクションを使用してコミュニケーションを記録する。
  • Chatter公開グループを設定する。
  • Chatter非公開グループを作成する。
  • 活動履歴を追加して、Todoを文書化する。

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ クイックアクションを使用してコミュニケーションを記録する。
これは不正解です。クイックアクションは主にレコードの作成または更新、メールの送信を行うことができますが、チームメンバー間でのアイデアやフィードバックの共有に特化した機能ではありません。プロダクトチームのコラボレーションを支援する要件には合致しません。

□ Chatter公開グループを設定する。
これは不正解です。Chatter公開グループは組織内の全メンバーがアクセス可能であり、限定的なチーム内での非公開なコミュニケーションには適していません。プロダクトチーム専用のコラボレーションスペースとしては、プライバシーの要件を満たせません。

□ Chatter非公開グループを作成する。
これは正解です。Chatterの非公開グループは、グループメンバーのみが参加できる設定になっており、プロダクトチームがフィードバックやアイデアを非公開に共有し合うのに適した環境を提供します。これはチームのコラボレーションを支援するための最適な選択です。

□ 活動履歴を追加して、Todoを文書化する。
これは不正解です。活動履歴はTodoの記録には有効ですが、インタラクティブなコミュニケーションやアイデアの共有を促進するための機能ではありません。この機能はチーム間のコラボレーションを直接的に支援するものではなく、要件には合致しません。

参考:Chatter グループ

次の問題へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次