【動的フォーム】項目をトリガとするコンポーネントの動的表示

概要

動的フォームを使用すると、特定の条件に基づいて項目やコンポーネントを表示または非表示にすることができます。これにより、ユーザーが必要とする情報のみを表示し、不要な情報は隠すことが可能になります。例えば、チェックボックス項目がオン場合のみ、リッチテキストコンポーネントを表示するように設定できます。

サンプル

以下のように、表示フラグがONの場合のみ、リッチテキストコンポーネント[動的フォーム確認用(表示フラグON)]が表示されているのがわかります。

表示フラグON

表示フラグOFF

サンプル動的フォーム作成方法

以下は、カスタムチェックボックス項目を使用してリッチテキストコンポーネントを条件付きで表示する手順です。

  • チェックボックス項目の作成
    • Salesforceのオブジェクトマネージャーにアクセスします。
    • テスト用のサンプルカスタムオブジェクトを作成します。
    • [項目とリレーション]に移動し、「新規」ボタンをクリックします。
    • 「項目のデータ型」として「チェックボックス」を選択します。
    • 項目の詳細(例 ラベル:表示フラグ、API名:Flag1__c)を入力します。
    • 項目レベルセキュリティなど必要な設定を完了し、「保存」をクリックします。
    • [ページレイアウト]で項目がレコード内に表示されることを確認します。
  • リッチテキストコンポーネントの作成
    • ①で作成したカスタムオブジェクトのタブに移動します。
    • 設定ボタンから[編集ページ]をクリックし、[Lightning アプリケーションビルダー]を開きます。
    • コンポーネントパネルから「リッチテキスト」コンポーネントを探し、ページ上の希望する位置にドラッグ&ドロップします。
    • コンポーネントを配置したら、テキストを編集してカスタマイズ(例:動的フォーム確認用(表示フラグON))します。
  • 表示条件の設定
    • リッチテキストコンポーネントを選択し、右側のプロパティエディタで「コンポーネントの表示を設定」のセクションを見つけます。
    • 以下のように設定し、保存と有効化します。
      • 条件種別:レコード項目
      • 項目;表示フラグ
      • 演算子:等号
      • 値:True

※③表示条件の設定での設定画面

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次