【リレーションの変更】すべてのレコードの参照項目に値が含まれている場合のみ「参照関係」は「主従関係」に変換できるとは?

まとめ

以下参照の公式ドキュメントに記載されている「カスタムオブジェクトにすでにデータが含まれる場合、主従関係を作成することはできません。ただし、すべてのレコードの参照項目に値が含まれている場合には、リレーションを参照関係として作成してから、それを主従関係に変換できます。」という原則は、Salesforceでの主従関係の基本的な要件と直接関係しています。
参考:オブジェクトリレーションの考慮事項

主従関係では、従レコードは主レコードに強く依存しています。具体的には、以下の特性があります。

  • 従レコードは主レコードが削除されると自動的に削除されます。
  • 従レコードは主レコードの共有ルールに従います。
  • 従レコードは主レコードに関連する積み上げ集計などをサポートします。

これらの特性を適切に機能させるためには、各従レコードが主レコードへの明確な参照を持っている必要があります。もし従レコードの中に主レコードへの参照が空白のものがあれば、そのレコードは上記の依存関係を満たさないため、主従関係を構築することはできません。

したがって、「カスタムオブジェクトにすでにデータが含まれる場合、主従関係を作成することはできません。ただし、すべてのレコードの参照項目に値が含まれている場合には、リレーションを参照関係として作成してから、それを主従関係に変換できます。」というのは、主従関係を構築するためには、従レコードが主レコードへの参照を持っていることが必須であることを意味しています。これにより、従レコードが主レコードとの間で適切に連動し、主従関係の特性を満たすことができるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次