MVC(Model-View-Controller)アーキテクチャ

SalesforceとMVCアーキテクチャの概要

Salesforceは、クラウドベースのCRMプラットフォームとして、多岐にわたる機能を提供しています。このプラットフォームの背骨として、MVC(Model-View-Controller)という設計パターンが採用されています。MVCは、アプリケーションの各部分の役割を明確に区別し、整理することで、効率的な開発と維持をサポートするアーキテクチャパターンです。以下では、SalesforceのMVC構造の主要な要素について詳しく解説します。

各要素の説明

  • モデル (Model):
    • 意味: データの構造、関連性、およびビジネスロジックを扱う部分。
    • Salesforceにおける具体例:
      • オブジェクト: 標準オブジェクト(例: Account、Contact)やカスタムオブジェクトは、データモデルの基盤となります。
      • 項目: オブジェクトに関連するデータを保存するための属性。
      • 入力規則、数式項目、積み上げ集計項目: データの整合性を保つためのビジネスロジック。
      • 関連するレコード: オブジェクト間のリンクを確立する。例: 取引先とそれに関連する取引先責任者。
  • ビュー (View):
    • 意味: ユーザーがデータをどのように見るか、またデータとどのように対話するかを定義する部分。
    • Salesforceにおける具体例:
      • ページレイアウト: オブジェクトのフィールドや関連リストがどのように画面上に配置されるかを定義。
      • Visualforceページ: カスタムユーザーインタフェースを作成するためのもの。
      • Lightningコンポーネント: Lightning ExperienceでのカスタムUI部品。
      • レコードの詳細ページ: オブジェクトの特定のレコードの情報をユーザーに表示するインターフェース。
      • リストビュー: 特定の条件を満たす複数のレコードを一覧形式で表示するインターフェース。
  • コントローラ(Controller):
    • 意味: ModelとViewの間の仲介役。ユーザーの入力に基づいてModelのデータを変更したり、Viewにデータを表示するための指示を出す部分。
    • Salesforceにおける具体例:
      • Apexクラス: ビジネスロジックをカスタマイズするためのサーバーサイドのコード。
      • トリガー: 特定のイベント(例: レコードの作成や更新)が発生したときに自動的に実行されるApexコード。
      • Visualforceコントローラ: Visualforceページの背後で動作し、ページとデータとの間のロジックを提供。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次