シグネチャとは

概要

Apexにおけるシグネチャは、メソッドや関数を一意に識別するためのものです。具体的には、メソッドや関数の名前、戻り値の型、およびパラメータの型と順序を組み合わせたものを指します。Apexもオーバーロードをサポートしているため、シグネチャは同名のメソッドを区別する際に重要となります。

使い方

Apexのメソッドや関数は、定義時に自動的にシグネチャを持ちます。例えば、以下のApexメソッド:

public Integer add(Integer a, Integer b) {
    return a + b;
}

このメソッドのシグネチャは add(Integer, Integer) となります。

どのようなときに使うのか

  • オーバーロード: Apexでは、異なるシグネチャを持つ同名のメソッドを定義することができます。これにより、異なる型や数の引数を取るメソッドを同じ名前で定義することが可能です。
  • メソッドの識別: ライブラリやカスタムクラスを使用する際、特定のメソッドを正確に識別するためにシグネチャが利用されます。

まとめ

Apexにおけるシグネチャは、メソッドや関数の一意の識別子としての役割を果たします。オーバーロードを活用する際や、他の開発者とのコードの共有、ドキュメント作成時など、シグネチャの理解はApex開発において重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次