【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第53問

問題

Universal Containers社(UC)には、各取引先に関連付けられているオープンケースの数をカウントし、毎週金曜日の夕方にこの値で取引先を更新したいと考えています。UCには、常に数百件のオープンケースがあります。管理者は、この要求を完了するために何を使用する必要がありますか。

  • 積み上げ集計項目を使用する。
  • スケジュール済みプロセスを使用する。
  • レコードトリガフローを使用する。
  • スケジュール済みフローを使用する

正解

  • 積み上げ集計項目を使用する。
  • スケジュール済みプロセスを使用する。
  • レコードトリガフローを使用する。
  • スケジュール済みフローを使用する

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ 積み上げ集計項目を使用する。
これは不正解です。積み上げ集計項目は、主従関係にあるオブジェクト間での数値の集計をリアルタイムで行うのに適していますが、特定の時点(毎週金曜日の夕方など)にのみ更新を行うような要求には直接対応していません。積み上げ集計項目は、関連するレコードが追加または更新されるたびに自動的に更新されます。

□ スケジュール済みプロセスを使用する。
これは不正解です。プロセスビルダーは、レコードの作成、更新、または他のイベントに応じて特定のアクションを自動化するために使用されますが、Salesforceのプロセスビルダーには「スケジュール済みプロセス」を直接作成する機能はありません。この要求には、特定の時間に基づいてアクションを実行する機能が必要です。

□ レコードトリガフローを使用する。
これは不正解です。レコードトリガフローは、レコードの作成、更新、削除などのイベントに基づいてフローをトリガーすることができますが、時間ベースのスケジュールに従って自動的に実行されるわけではありません。このケースでは、特定の日時(毎週金曜日の夕方)に基づいて取引先レコードを更新する必要があります。

□ スケジュール済みフローを使用する。
これは正解です。スケジュール済みフローは、特定の日時や定期的なスケジュールに基づいて自動的に実行されるフローです。この機能を使用することで、管理者は毎週金曜日の夕方に取引先レコードを更新するフローを設定でき、各取引先に関連付けられたオープンケースの数をカウントして取引先レコードを更新する要求を満たすことができます。

参考:スケジュールトリガーフローに関する考慮事項

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次