【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第87問

問題

AW Computing社の管理者は、Salesforceにログインできないユーザーと作業しています。ユーザーがログインできない原因を特定するために、管理者は何をすべきでしょうか。

  • セキュリティトークンを確認する。
  • パスワード履歴を確認する。
  • パスワードポリシーを確認する。
  • ログイン履歴を確認する

正解

  • セキュリティトークンを確認する。
  • パスワード履歴を確認する。
  • パスワードポリシーを確認する。
  • ログイン履歴を確認する

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ セキュリティトークンを確認する。
これは不正解です。セキュリティトークンはAPIを通じて外部システムやアプリケーションからSalesforceに接続する際に必要ですが、通常のWebブラウザを使用したログインには直接関係ありません。このトークンは、APIアクセス時にログインエラーが発生した場合に確認すべきです。

□ パスワード履歴を確認する。
これは不正解です。パスワード履歴はユーザーが以前使用したパスワードを見ることができますが、現在のログイン問題を解決するためには直接的に役立つものではありません。これは、主にセキュリティ監査やポリシー遵守を確認するために利用されます。

□ パスワードポリシーを確認する。
これは不正解です。パスワードポリシーはパスワードの複雑さ、有効期限、再利用の規則などを定義しますが、具体的なユーザーがなぜログインできないのかを特定するためには直接役に立たない可能性が高いです。これは一般的なログイン要件を理解するのに役立ちますが、個別のログイン問題を解決する直接的な手段ではありません。

□ ログイン履歴を確認する。
これは正解です。ログイン履歴は、ユーザーがログインを試みた日時、使用したIPアドレス、ログインの成否、ログイン失敗の理由などを含む詳細情報を提供します。この情報を調べることで、管理者はユーザーがログインできない具体的な理由(例えば、パスワードが間違っている、アカウントがロックされている、IPアドレスが制限されているなど)を特定し、適切な対策を講じることができます。

参考:ログイン履歴でログイントラブルの原因を確認する方法

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次