【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第102問

問題

Ursa Major Solar社は、設置したすべてのパネルに1年間の保証を提供します。設置の詳細は、保証情報とともに「設置」というカスタムオブジェクトに取り込まれます。設置レコードは、設置者がモバイルアプリから作成します。設置が遅れたり、問題が発生した場合、顧客満足度を高める方法として、顧客はより長い保証を受けることができます。管理者は、保証の有効期限を取得するために、Salesforceをどのように構成すればよいですか。

  • 保証の有効期限項目のデフォルト値として数式を使用する。
  • 購入した保証の年数を表示する数式項目を作成する。
  • 有効期限項目が入力されるように入力規則を追加する。
  • モバイルページレイアウトに保証有効期限項目を追加する。

正解

  • 保証の有効期限項目のデフォルト値として数式を使用する。
  • 購入した保証の年数を表示する数式項目を作成する。
  • 有効期限項目が入力されるように入力規則を追加する。
  • モバイルページレイアウトに保証有効期限項目を追加する。

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ 保証の有効期限項目のデフォルト値として数式を使用する。
これは正解です。この選択肢は設置日から1年後の日付を自動的に計算し、保証の有効期限を設定する数式を使用することを提案しています。これにより、設置日が入力されると同時に保証の終了日が自動的に決定され、手作業によるエラーを減少させることができます。この数式は例えば「設置日 + 365日」という形で設定できます。

□ 購入した保証の年数を表示する数式項目を作成する。
これは不正解です。この選択肢は保証の年数を表示するためのものですが、問題文の要件は具体的に保証の有効期限日を求めています。年数の表示ではなく、具体的な日付が求められています。

□ 有効期限項目が入力されるように入力規則を追加する。
これは不正解です。入力規則を追加することはデータの整合性を保つために有効ですが、この場合、数式によって自動計算されるべきです。ユーザーが手動で有効期限を入力するのではなく、自動化を通じてエラーの可能性を減らす方が好ましいです。

□ モバイルページレイアウトに保証有効期限項目を追加する。
これは不正解です。Salesforceの現代的な実装では、一般的にページレイアウトはデバイスに依存せず、デスクトップでもモバイルでも同一のレイアウトが使用されます。特にLightning Experienceを使用している場合、ページレイアウトは自動的にモバイルに対応しており、デスクトップで設定されたレイアウトがモバイルデバイス上で適切に表示されるように調整されます。

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次