【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第155問

問題

Ursa Major Solar社の営業担当者は、一連のネットワーキングイベントを立ち上げました。彼らは毎月1回イベントを開催しており、月ごと、シリーズごとにキャンペーンのROIをレポートできるようにしたいと考えています。レポートを簡略化するために、管理者はキャンペーンをどのように設定すればよいですか。

  • 毎月のイベントタイプに異なるレコードタイプを追加する。
  • すべて同じ名前の個別のキャンペーンを作成する。
  • キャンペーンメンバーの状況を設定して、どのイベントメンバーが参加したかを記録する。
  • キャンペーン階層を使用し、毎月のイベントを親キャンペーンに積み上げ集計する。

正解

  • 毎月のイベントタイプに異なるレコードタイプを追加する。
  • すべて同じ名前の個別のキャンペーンを作成する。
  • キャンペーンメンバーの状況を設定して、どのイベントメンバーが参加したかを記録する。
  • キャンペーン階層を使用し、毎月のイベントを親キャンペーンに積み上げ集計する。

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ 毎月のイベントタイプに異なるレコードタイプを追加する。
これは不正解です。異なるレコードタイプを使用することで、キャンペーンをカスタマイズして管理することができますが、これだけでは各イベントのROIを効果的に追跡しレポートする方法にはなりません。レコードタイプは、キャンペーンの管理を柔軟にするために役立ちますが、ROIの追跡には直接的な役割を果たしません。

□ すべて同じ名前の個別のキャンペーンを作成する。
これは不正解です。同じ名前のキャンペーンを作成することは、追跡とレポート作成を混乱させ、効率を低下させる可能性があります。各イベントにユニークな識別子を持たせることが、効果的なデータ管理とレポートの精度を高めるために重要です。

□ キャンペーンメンバーの状況を設定して、どのイベントメンバーが参加したかを記録する。
これは不正解です。キャンペーンメンバーステータスを設定することで参加者を追跡できますが、これだけではイベントごとのROIを計算やレポートする直接的な手段にはなりません。今回の要件は、月ごと及びシリーズ全体のROIを効率的にレポートする方法を求めているため、この選択肢はそれに対応していません。

□ キャンペーン階層を使用し、毎月のイベントを親キャンペーンに積み上げ集計する。
これは正解です。キャンペーン階層を使用することで、各イベントからのデータを親キャンペーンに集約し、シリーズ全体のROIを簡単に計算し、効果的にレポートすることができます。これにより、月ごとのパフォーマンスを総合的に把握しやすくなります。

参考:キャンペーン階層の作成

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次