【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第105問

問題

Cloud Kicks社の営業マネージャーは、従業員の休暇を承認しています。管理者は、営業部長が休暇で不在の間、予備マネージャーがこれらの申請を見て対応できるようにするよう求められました。管理者は、この要件を満たすために何を使用する必要がありますか。

  • 委任された承認者
  • 2段階の承認プロセス
  • 承認履歴の関連リスト
  • 委任された管理者

正解

  • 委任された承認者
  • 2段階の承認プロセス
  • 承認履歴の関連リスト
  • 委任された管理者

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ 委任された承認者
これは正解です。この機能を使用すると、特定の承認者が不在の場合に別のユーザーが承認を行えるように設定できます。営業部長が休暇中でも予備マネージャーが休暇申請を見て承認できるようになり、ビジネスプロセスが滞りなく続行できます。これは直接的にこの要件を満たす機能です。

□ 2段階の承認プロセス
これは不正解です。2段階の承認プロセスは、複数のレベルで承認を必要とするシナリオに適していますが、単に部長が不在の間に別のマネージャーが承認を行えるようにするためには過剰です。この機能は複雑なワークフローには有効ですが、このケースでは単純な代理承認設定で対応可能です。

□ 承認履歴の関連リスト
これは不正解です。承認履歴の関連リストは、レコードに対する過去の承認プロセスの詳細を表示するものであり、承認プロセス自体の設定には影響を与えません。これは承認プロセスを管理するためのツールではなく、過去のアクティビティを確認するための参照リストです。

□ 委任された管理者
これは不正解です。委任された管理者という選択肢は、一般的にはシステム管理タスクを他のユーザーに委任する際に使用される概念ですが、特定の承認プロセスに対して代理承認者を設定する機能とは異なります。この選択肢は承認プロセスの設定には直接関連しません。

参考:承認ユーザー設定

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次