【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第159問

問題

Northern Trail Outfitters社には2つの異なるセールスプロセスがあります。一つは4つのフェーズを持つ商談用、もう一つは8つのフェーズを持つパートナー商談用です。これらの要件を満たすために、管理者は何を設定する必要がありますか。

  • ユーザーが正確なセールスのフェーズ情報を入力していることを保証する入力規則
  • 商談タイプの選択リスト値を制御する異なるページレイアウト
  • 商談のレコードタイプとセールスプロセスを制限する公開グループ
  • 各商談タイプごとに異なるレコードタイプとセールスプロセスを設定する

正解

  • ユーザーが正確なセールスのフェーズ情報を入力していることを保証する入力規則
  • 商談タイプの選択リスト値を制御する異なるページレイアウト
  • 商談のレコードタイプとセールスプロセスを制限する公開グループ
  • 各商談タイプごとに異なるレコードタイプとセールスプロセスを設定する

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ ユーザーが正確なセールスのフェーズ情報を入力していることを保証する入力規則
これは不正解です。入力規則はユーザーが正確な情報を入力することを強制するのに役立ちますが、異なるセールスプロセスに必要なフェーズの設定には直接関与しません。この要件は、フェーズの選択がプロセスによって異なることを確保する必要があるため、セールスプロセス自体の設定に関連します。

□ 商談タイプの選択リスト値を制御する異なるページレイアウト
これは不正解です。異なるページレイアウトはユーザーインターフェースのカスタマイズには役立ちますが、セールスフェーズのロジックを管理するためには不十分です。ページレイアウトではセールスフェーズの流れを定義できません。

□ 商談のレコードタイプとセールスプロセスを制限する公開グループ
これは不正解です。公開グループはユーザーアクセスの管理に用いられ、レコードの表示や編集権限を制御しますが、セールスプロセスやレコードタイプを設定する目的では使用されません。

□ 各商談タイプごとに異なるレコードタイプとセールスプロセスを設定する
これは正解です。異なるセールスプロセスを持つ商談の管理には、レコードタイプとそれに関連付けられたセールスプロセスを設定することが効果的です。レコードタイプごとに異なるセールスフェーズを持たせることができ、商談用とパートナー商談用の両方のプロセスを適切に反映させることが可能です。

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次