【Salesforce 認定アドミニストレーター】 試験対策:第98問

問題

セールスフェーズの設定フローでカスタマイズ可能なオブジェクトはどれですか。2つ選びなさい。

  • リード
  • キャンペーン
  • 商談
  • キャンペーンメンバー

正解

  • リード
  • キャンペーン
  • 商談
  • キャンペーンメンバー

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ リード
これは正解です。セールスフェーズの設定フローにおいて、リード状況をカスタマイズできると記されています。これはリードの進捗や取り扱い状況を特定のビジネスニーズに合わせて調整することを可能にし、リードから商談への変換プロセスを管理しやすくします。

□ キャンペーン
これは不正解です。キャンペーンはマーケティング活動を管理するためのオブジェクトであり、直接セールスフェーズの設定フローには含まれません。キャンペーンはリード生成や顧客エンゲージメントに役立つもので、セールスフェーズのカスタマイズとは直接関連していません。

□ 商談
これは正解です。ドキュメントによれば、商談フェーズもカスタマイズが可能です。これは商談がセールスプロセスの中核を成すため、フェーズごとの進捗を管理し、それに応じてアクションを取るために重要です。

□ キャンペーンメンバー
これは不正解です。キャンペーンメンバーは、キャンペーンに参加している個々のリードや取引先を追跡するためのオブジェクトですが、セールスフェーズの設定フローでカスタマイズする対象ではありません。キャンペーンメンバーのステータスはキャンペーンの効果を測定するために使用されますが、セールスプロセスのフェーズカスタマイズには関係ありません。

参考:セールスフェーズの設定フローでのリードと商談の把握

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次