【Salesforce 認定Platformアプリケーションビルダー】試験対策:第11問

問題

次のシナリオについて、項目更新の影響と再帰の可能性を説明しなさい: ルール1の項目更新がルール2をトリガーし、ルール2の項目更新がルール1をトリガーする場合

  • 更新によりループが発生し、1時間あたりのワークフロータイムトリガーの制限に違反する可能性が高い。
  • 2つ目のトリガーが保存されると、Imminent Loop Errorメッセージが表示され、ワークフロールールの更新は保存されない。
  • 更新はループを作成し、管理者が問題を解決するまで、組織はブロックされる。
  • ループは1時間以内に25回実行できる。ループが終了しない場合、R&Dによってプロセスが停止される。

正解

  • 更新によりループが発生し、1時間あたりのワークフロータイムトリガーの制限に違反する可能性が高い。
  • 2つ目のトリガーが保存されると、Imminent Loop Errorメッセージが表示され、ワークフロールールの更新は保存されない。
  • 更新はループを作成し、管理者が問題を解決するまで、組織はブロックされる。
  • ループは1時間以内に25回実行できる。ループが終了しない場合、R&Dによってプロセスが停止される。

解説

このシナリオでは、Salesforceのワークフローを使用している状況を想定しています。具体的には、2つのワークフロールールが相互にトリガーし合う可能性のある状況であり、Apexトリガーではなく、ワークフロールールとその時間ベースのアクションに焦点を当てています。

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ 更新によりループが発生し、1時間あたりのワークフロータイムトリガーの制限に違反する可能性が高い。
これは正解です。このシナリオでは、ループ(再帰的な呼び出し)が発生する可能性があります。Salesforceにはワークフロータイムトリガーに対する制限が存在するため、このようなループは制限に違反する可能性が高いです。

□ 2つ目のトリガーが保存されると、Imminent Loop Errorメッセージが表示され、ワークフロールールの更新は保存されない。
これは不正解です。Salesforceはワークフロールールの保存時に可能なループを自動的に検出してブロックするわけではありません。ルールの保存自体はできますが、実行時に問題が発生する可能性があります。

□ 更新はループを作成し、管理者が問題を解決するまで、組織はブロックされる。
これは不正解です。ワークフローによるループは影響を与える可能性はあるものの、組織全体をブロックすることはありません。

□ ループは1時間以内に25回実行できる。ループが終了しない場合、R&Dによってプロセスが停止される。
これは不正解です。Salesforceには特定のループ制限がありますが、この具体的な「1時間以内に25回」という制限は正確ではありません。また、ループが終了しない場合にR&Dによって自動的に停止されるというメカニズムも存在しません。

参考:時間ベースのアクションとタイムトリガーの考慮事項

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 アドミニストレーター
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次