【Salesforce認定Platformアプリケーションビルダー】 試験対策:第207問

問題

Universal Containers社はサービス提供にドローン配送を追加しており、開発者は本番環境へデプロイする前にコードを書いてテストし、変更セットは準備できています。デプロイ作業は、開発者が休暇中のときに発生します。本番環境へのスムーズなデプロイを確実にするために、アプリケーション構築者は何をすればよいでしょうか。

  • 送信変更セットを検証する。
  • 受信変更セットを検証する。
  • メタデータパッケージセットを使用する。
  • 受信変更セットからApexクラスを削除する。

正解

  • 送信変更セットを検証する。
  • 受信変更セットを検証する。
  • メタデータパッケージセットを使用する。
  • 受信変更セットからApexクラスを削除する。

解説

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ 送信変更セットを検証する。
これは不正解です。送信変更セットを検証するアクションは、送信元の組織(通常はサンドボックス環境)で行われます。しかし、本番環境へデプロイする前に必要な検証プロセスは、本番環境(受信側)での検証です。送信側での検証は有用ですが、本番環境へのデプロイの前段階としては受信側での検証が重要です。

□ 受信変更セットを検証する。
これは正解です。受信変更セットを検証することは、本番環境へのデプロイ前に行うべき重要なステップです。この検証プロセスを通じて、アプリケーション構築者は変更セットに含まれる変更が本番環境で正しく機能することを確認できます。検証に成功すると、変更セットは本番環境に安全にデプロイできる状態になります。

□ メタデータパッケージセットを使用する。
これは不正解です。「メタデータパッケージセット」という概念はSalesforceに存在しないため、この選択肢は解決策として適切ではありません。

□ 受信変更セットからApexクラスを削除する。
これは不正解です。受信変更セットからApexクラスを削除するというアクションは、デプロイをスムーズにするための一般的なアプローチではありません。むしろ、デプロイを成功させるためには、すべての必要なコンポーネントが含まれていることを確認し、適切にテストすることが重要です。変更セットからコンポーネントを無差別に削除することは、機能不全や未解決の依存関係を引き起こす可能性があります。

参考:変更セットの確認

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次