【Salesforce認定Platformアプリケーションビルダー】 試験対策:第208問

問題

入力規則のユースケースはどれですか。

  • 郵便番号が正しい形式で入力されていることを確認する。
  • パートナーリードの可視性をチャネル営業チームに制限する。
  • 割引率が10%未満の案件が承認プロセスに入らないようにする。
  • 管理者以外がプライベート Chatter グループに参加できないようにする。

正解

  • 郵便番号が正しい形式で入力されていることを確認する。
  • パートナーリードの可視性をチャネル営業チームに制限する。
  • 割引率が10%未満の案件が承認プロセスに入らないようにする。
  • 管理者以外がプライベート Chatter グループに参加できないようにする。

解説

入力規則は、レコードを保存する前にユーザーが入力したデータが定義された特定の基準やフォーマットに適合していることを確認し、データの品質と整合性を保つために使用されます。

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ 郵便番号が正しい形式で入力されていることを確認する。
これは正解です。入力規則はフォーム上でユーザーが入力するデータが特定のフォーマットや基準を満たしていることを確認するために使用されます。郵便番号の形式を検証する場合、入力規則は適切なパターンに従っているかどうかをチェックする正規表現やその他の検証ロジックを適用して郵便番号が正しくフォーマットされていることを保証します。

□ パートナーリードの可視性をチャネル営業チームに制限する。
これは不正解です。入力規則はデータのフォーマットや内容の検証に使われ、レコードの可視性やアクセス制御には適用されません。パートナーリードの可視性を制限するには、共有設定で、ロール階層や公開グループなどを使用する必要があります。

□ 割引率が10%未満の案件が承認プロセスに入らないようにする。
これは不正解です。入力規則はユーザーがデータを入力する際の検証に使用され、承認プロセスの可否を決定する目的ではありません。この要件は入力規則ではなく、承認プロセスの条件設定を通じて実装するべきです。

□ 管理者以外がプライベート Chatter グループに参加できないようにする。
これは不正解です。入力規則はデータ入力時の検証に関連し、Chatter グループの参加資格やアクセス制御には適用されません。プライベート Chatter グループへのアクセスを制御するには、Chatter のアクセス設定やグループ設定を使用する必要があります。

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次