【Salesforce認定Platformアプリケーションビルダー】 試験対策:第45問

問題

取引先のカスタム項目は、顧客に関する財務情報を追跡するために使用され、財務チームのメンバーのみがこの項目にアクセスできます。ただし、企業はカスタマーサービスプロファイルが割り当てられた1人のカスタマーサービスエージェントに、特別な状況ではこの項目への読み取り専用アクセスを許可したいと考えています。カスタマーサービスエージェントに現場へのアクセスを許可するために推奨されるソリューションは何ですか。

  • エージェントに割り当てられているカスタマーサービスプロファイルを更新し、項目レベルセキュリティで読み取り専用アクセスを許可する。
  • 項目レベルセキュリティによる項目への読み取り専用アクセスを許可する権限セットを作成し、エージェントに割り当てる。
  • 項目レベルセキュリティによる項目への読み取り専用アクセスを許可する新しいプロファイルを作成し、エージェントに割り当てる。
  • 設定でカスタム項目の項目レベルセキュリティを更新し、エージェントに項目への読み取り専用アクセスを許可する。

正解

  • エージェントに割り当てられているカスタマーサービスプロファイルを更新し、項目レベルセキュリティで読み取り専用アクセスを許可する。
  • 項目レベルセキュリティによる項目への読み取り専用アクセスを許可する権限セットを作成し、エージェントに割り当てる。
  • 項目レベルセキュリティによる項目への読み取り専用アクセスを許可する新しいプロファイルを作成し、エージェントに割り当てる。
  • 設定でカスタム項目の項目レベルセキュリティを更新し、エージェントに項目への読み取り専用アクセスを許可する。

解説

この問題の重要なポイントは、一時的に権限を与えるために権限セットを使用するということです。権限セットを使用することで、特定のカスタム項目へのアクセスを特定のユーザーに限定して、かつ一時的に許可することが可能になります。これは、プロファイルを変更することで影響を受ける他のユーザーには影響を与えずに、個々のユーザーに特定の権限を柔軟に与えるための効果的な方法です。

それぞれの選択肢の理由について説明します。

□ エージェントに割り当てられているカスタマーサービスプロファイルを更新し、項目レベルセキュリティで読み取り専用アクセスを許可する。
これは不正解です。プロファイルを更新すると、そのプロファイルが割り当てられているすべてのユーザーに対して変更が適用されます。このシナリオでは、特定の1人のエージェントにのみアクセスを許可したいため、プロファイルの更新は適切なアプローチではありません。

□ 項目レベルセキュリティによる項目への読み取り専用アクセスを許可する権限セットを作成し、エージェントに割り当てる。
これは正解です。権限セットは特定のユーザーに追加の権限を付与するための柔軟な方法です。このシナリオでは、権限セットを使用して、特定のカスタマーサービスエージェントにのみカスタム項目への読み取り専用アクセスを許可することができます。

□ 項目レベルセキュリティによる項目への読み取り専用アクセスを許可する新しいプロファイルを作成し、エージェントに割り当てる。
これは不正解です。新しいプロファイルを作成することは、単一のユーザーに対して特定のアクセス権を付与するためには非効率的であり、管理上の負担が大きくなります。また、プロファイルは一人のユーザーに対して一つしか割り当てられないため、このエージェントが既に他のプロファイルに割り当てられている場合は問題が生じます。

□ 設定でカスタム項目の項目レベルセキュリティを更新し、エージェントに項目への読み取り専用アクセスを許可する。
これは不正解です。設定でカスタム項目の項目レベルセキュリティを更新すると、その変更はプロファイルレベルで適用され、関連するすべてのユーザーに影響を与える可能性があります。この方法では、特定の1人のエージェントにのみアクセスを許可するという要件を満たすことはできません。

次の問題へ

前の問題へ

1問目から復習する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次