“使えない筋肉”の正体とは?

目次

結論

反動をあえて使わない筋トレを行うことにより、スポーツ動作の際に反動を利用した動きができなくなる「癖」のことを言います。

詳細

反動をあえて使わない筋トレをすることによって、スポーツ動作の際に反動を利用した動きが制限される「癖」が生じる可能性があります。これは、一部のスポーツやフィットネスのトレーニング方法によって引き起こされます。

一般的に、スポーツやフィットネスのトレーニングでは、反動を利用することで身体の運動能力を高めることがあります。反動を使うことで、より大きな力や速さを発揮できます。しかし、一部のトレーニング方法では、反動を制限して筋肉をより一貫して使うようにトレーニングすることを重視しています。

このようなトレーニングを継続的に行うと、反動を使った動きに慣れることができなくなります。身体が反動を使わずに動くことに慣れるため、競技やスポーツの動作において反動を使う能力が制約される可能性があります。例えば、ボクシングのパンチやバスケットボールのシュートなど、素早く力強い動作が求められる競技では、反動を利用できないことでパフォーマンスが低下する可能性があります。

この「癖」が「使えない筋肉」の正体であり、反動をあえて使わない筋トレを長期間行っていることで生じます。反動を使わない筋肉トレーニングによって、身体が反動を使わない身体づかいに慣れてしまうため、競技やスポーツの動作における反動の活用が制限されるのです。

ただし、反動をあえて使わない筋トレは特定の目的において有効な場合もあります。例えば、姿勢や安定性の向上、ケガのリハビリや特定の筋肉の強化などがその目的です。反動を制限して筋肉をバランスよく鍛えることは重要です。

総じて言えば、トレーニング方法は目的や競技に応じて適切に選択する必要があります。反動をあえて使わない筋トレは特定の競技動作に制約を生じる可能性があるため、バランスを保ちながら行うことが重要です。適切なトレーニング方法を選び、バラエティ豊かなトレーニングを組み合わせることで、幅広い動作に対応できる筋肉を発達させることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次