筋肉はなぜ肥大するのか

目次

結論

筋肉がトレーニングによって受けたストレスに『適応』する能力によって、そのストレスに対応できるように筋肥大が起こります。

詳細

私たちの身体は、外部からのストレスに対して「適応」する能力を持っています。この適応能力は、環境の変化によって引き起こされるストレスに対して、体の機能や組織を調整することで実現されます。この原則は筋肉にも当てはまります。

筋肉は、トレーニングによって受けたストレスに適応する能力を持ちます。トレーニングによるストレスは、筋肉に新たな挑戦や負荷を与えるものであり、筋肉はそれに対応するための変化や成長を促すのです。

具体的には、トレーニングによって筋肉にストレスが加わると、筋繊維に微細な損傷が生じます。この損傷は、筋肉に対してより強い力を発揮する必要性を示すシグナルとなります。筋肉はこの負荷に対して適応し、より強くなるための成長や修復を促すのです。

具体的な適応反応の過程は次のようになります。

  1. ストレスへの適応性: トレーニングによって筋肉が受けるストレスは、筋肉が現在の能力を超える力を発揮する必要性を示します。これにより、筋肉はストレスに対応するために必要な成長や修復を促す仕組みを起動します。
  2. 筋肉の損傷と修復: トレーニングによる負荷や刺激によって、筋肉繊維に微細な損傷が生じます。この損傷は、身体が修復プロセスを開始し、筋肉を再構築するシグナルとなります。
  3. タンパク質合成と成長: 筋肉の成長には、タンパク質合成が不可欠です。トレーニング後、アミノ酸供給と筋肉細胞内のタンパク質合成が活発化し、新しいタンパク質が合成されます。これによって筋肉繊維が成長し、肥大していきます。
  4. ホルモンの関与: 成長ホルモンやテストステロンなどのホルモンも筋肉の成長に重要な役割を果たします。これらのホルモンは、タンパク質合成を刺激し、筋肉の回復や成長を促進します。

つまり、筋肉の肥大はトレーニングによるストレスに対する適応反応として起こります。トレーニングは、筋肉に肥大の必要性を感じさせるストレスを与え、筋肉がそのストレスに対応できるようになるための環境を提供する作業と言えるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次