『筋トレの動作』と『スポーツの動作』の違い

目次

結論

筋トレでは筋肉に負荷をかけることを重視し、反動を使わない動作が理想とされています。一方で、スポーツの動作では、反動を巧みに利用することで力を効率的に発揮します。

詳細

筋トレの目的は、筋肉にどれだけ負担をかけて肥大の刺激を与えることができるかにあります。一方、スポーツの動作の目的は、どのようにして要領よく大きな力を発揮するかにあります。つまり、両者の違いは”反動”を使うかどうかにあります。

スポーツの動作で上手に強い力を発揮するためのポイントは、反動をうまく使うことにあります。反動を使うことで、力を楽に発揮することができます。逆に、筋肉にじっくりと負担をかけたい場合の筋トレでは、基本的に反動は使いません。

反動を使った動きは、筋トレではチーティング(“ごまかし”の意)と呼ばれ、避けるべき動作とされています。そして、反動を使わない動きをストリクト(“厳格”の意)フォームといい、これを理想的なフォームとします。筋肥大を目的とした筋トレでは、「反動を使わないほど上手」な良いフォームとなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次