ボディービルダーの筋肉は使えない筋肉なのか

目次

結論


ボディービルダーの筋肉が「使えない」とされるのは筋肉の使用法やトレーニングの目的によるもので、適切な訓練によりこれらの筋肉も有効に活用できます。

詳細

「ボディービルダーのような筋トレでつけた筋肉は使えない筋肉なのか」は古くから存在する議論のテーマです。その背景には、筋肉隆々の身体を持つものの、スポーツで必要となる力強い動きが出せない「使えない筋肉」を持つ人がいるという事実があります。また、筋肉がついたのに競技パフォーマンスが上がらなかったり、逆に下がってしまったという経験をした人もいます。しかしながら、筋トレによってよく発達した筋肉を持ちつつ、スポーツ動作でも大きな力やスピードを発揮できる人も確かに多く存在します。

この「使えない筋肉」の現象は、筋トレでつけた筋肉が適切に使われていない場合に発生します。その原因は、筋肉の大きさや形を追求するボディービルのトレーニングと、パフォーマンスを最大化することを目指す他のスポーツのトレーニングとの間には、目的が異なるために起こります。ボディービルは筋肉の大きさと審美性を重視し、見た目を最適化するトレーニングに焦点を当てます。一方、他のスポーツはパフォーマンスの向上が最優先で、そのトレーニングはスピード、敏捷性、持久力なども重視します。

「使えない筋肉」と「使える筋肉」の違いは、訓練された筋肉をどのように使うか、どのようにその筋肉を特定のパフォーマンスに適応させるかによるところが大きいです。つまり、筋トレでつけた筋肉を上手に活用し、自分の目指す目標に合わせて訓練を行うことで、「使える」筋肉を作り上げることができます。ボディービルダーの筋肉が「使えない」わけではなく、それはその筋肉が特定の目的(この場合は筋肉の大きさと審美性)のために訓練されているだけです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次