筋肥大の2大原則とは

目次

結論

筋肥大を促進するための2つの主要なストレスは、「メカニカルテンション(物理的な張力)」と「メタボリックストレス(化学的、代謝的なストレス)」です。

詳細

筋肥大の過程では、筋肉への損傷がストレスの一つの源となりますが、それだけではありません。多くの研究により、筋肥大を促すストレスは大きく2つのタイプに分けられることが確認されています。それらは「メカニカルテンション(物理的な張力)」と「メタボリックストレス(化学的、代謝的なストレス)」といいます。

メカニカルテンション:これは筋肉に対する物理的な張力を示しており、筋肉に高い負荷をかけることで発生します。具体的には、「ヘビー系トレーニング」が一例となり、これは重い重量を用いて少ない回数をリフトする方法です。この種のトレーニングは筋肉に微細な損傷を生じさせ、その回復過程で筋肉が以前よりも大きく、強くなるというメカニズムに関連しています。

メタボリックストレス:一方で、メタボリックストレスは、「パンプ系トレーニング」によって生じる低負荷で強烈な効果を指します。ここでは軽い重量を用いて多くの回数をリフトすることで、筋肉内に乳酸などの代謝産物が大量に蓄積します。これにより筋肉の内部環境が極端に変化し、筋肥大が促進されます。

これらの2つのストレスタイプを組み合わせることにより、筋肥大は最も効果的に進行するとされています。ただし、適切なトレーニング方法は、個々の身体の反応や目標、体力、経験、生活スタイルによって異なりますので、注意が必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次