パンプ系トレーニングとは

目次

結論

軽めの重量を用いて、ゆっくりとしたスピードで「じっくりと効かせる」トレーニングです。

詳細

パンプ系トレーニングとは、筋肉の「パンプアップ」(膨張)を重視したエクササイズ手法であり、筋肉内に大量の血液を集めることで酸素や栄養素を供給し、筋肉の成長を促進することが目的となります。これは、一般的に軽めの重量を用いて高回数・高セット数のトレーニングを行うことで実現されます。

このトレーニング手法は「トニック(tonic)」力発揮とも呼ばれ、筋肉内部を低酸素状態にし、持久的な力を出し続けることを重視します。この過程で、筋肉内の化学的環境が過酷な状態となり、乳酸や水素イオンなどの無酸素性代謝物が大量に生成されます。このような化学的ストレスは、筋肉がパンプアップして膨らみ、刺すような痛み(バーニング)を体験することで体感することができます。パンプアップは乳酸などの蓄積による浸透圧調整による水ぶくれの形成を指し、バーニングは乳酸などの蓄積が痛みを発生させる現象を指します。

パンプ系トレーニングは、筋肉の成長を促進し、トレーニング中のフィードバックとしての”ポンプ感”を追求する目的で行われます。しかし、トレーニングの目的や個々の身体の状態によっては、ヘビー系のトレーニング(重量を重視するトレーニング)と組み合わせて行うことが有効なこともあります。そのため、自身の目標や体調に応じて、最適なトレーニング手法を選択することが重要となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次