ヘビー系トレーニングとは

目次

結論

高重量を用いて筋肉に大きな物理的ストレスを与えるトレーニングです。

詳細

ヘビー系トレーニングは、高重量のバーベルやダンベルを使用し、一般的に5〜8回(低回数)あるいは8〜12回(中程度の回数)のリフティングを行うトレーニング方法です。これは、筋肉に大きな物理的ストレスを与え、筋肉内部に強い負荷をかけます。この物理的ストレスが筋肉に微細な損傷を引き起こし、その損傷から回復する過程で筋肉が損傷前よりも大きく、強くなる現象を筋肥大といいます。

また、筋肉に強い負荷をかけることは、大きな物理的負荷そのものが筋肉に肥大の必要性を感じさせるストレスとなり、筋肉が強化・肥大化するメカニズム、いわゆるメカニカルストレスと直結しています。このため、ヘビー系トレーニングは筋力向上や筋肉量の増加に特に効果的です。

しかし、ヘビー系トレーニングを行う際には、適切なフォームとテクニックが重要となります。重い重量を扱うことから、初心者が適切なフォームやテクニックを持たずに無理な重量で行うと、筋肉や関節への過度な負荷から怪我を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。そのため、ヘビー系トレーニングは適切な指導の下、または経験と知識を有した者が行うべきとされています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

雇われのシステムエンジニアです。
普段は車載ECUのセキュリティー分野に従事しております。

■保有資格
Salesforce 認定 Platform アプリケーションビルダー
Salesforce 認定 Platform デベロッパー

コメント

コメントする

目次